群馬県前橋市、高崎市の葬儀なら株式会社紫苑(しおん)  お客様のご要望から生まれた価格を押さえた安心プランが充実 私たちはご家族の一員として心に残るお葬式をご提供致します。
株式会社紫苑(しおん) お電話でのお問い合わせは お問い合わせ

トップページ >> シオンの会
シオンの会 心と心のつながりを大切にします 別れは突然訪れる。準備も覚悟も許されない。  とりとめのない想いばかりが浮かんでは消えた。 君の感触が不意に蘇ったりもする。  その君の記憶には、時おり現実ではないはずのものが混ざったりした。 遠い、夢のような記憶。そのくせ、日常の断片的な細かい印象ばかりをひどく鮮明に覚えていたりもする。 だが、どこがどう違うのか、私には区別ができそうもない。
会の名前が 『シオンの会』 と改名致しました
最後まで自分らしくありたい 心の共鳴のもとに統合するインターナショナルでユニバーサルな共同体である。 秘密を守る心は、すべての生き物を同僚として扱い、同じ共鳴のもとに統合しようとする貴重な絆。 万人に共通の道徳律を守り、宗教についても出来るだけ寛容で共通の共鳴を守る。 永遠に他人であったかもしれない我々との間に共鳴を結ぶ手段となり、共同体の中心となる。 シオンの会はあなたの心の絆を守ります。  シオンの会


心と心のつながりを大切に シオンの会シオンの会では、死という日常では考えの及ばない最大の悲しみを通して、心に刻まれた深い悲しみや思い出、他人には理解されない苦悩や痛みを一人で抱え込むことなく、その想いを決して風化させることなく、同じ痛みのわかる有志が集い、最後まで自分らしくありたいと願う個々でもあり共同体でもある会です。
ここに集う私たちは言葉ではなく、心と心で分かち合える仲間です。

趣向を凝らした定期会を開催
シオンの会では、ご住職の講話を中心に、写経の集い、座禅の集い、座談会を定期的に行なっており、その後は和食懐石をご用意させて頂いております。
毎回、趣向を凝らした内容となっております。
毎回、趣向を凝らした内容となっております



定期会以外の主な集い・説明会・活動など

シオンの会

11年 10月
お茶会・茶道教室の集い
参加費 お一人1,000円

11年 3月 決して忘れないことが、私たちの支援

シオンの会

12年 2月
グラビトニクス公演会 『心の共鳴波動 / 孤独からの回避』

11年 3月 決して忘れないことが、私たちの支援

シオンの会

12年 3月 
『心に残るお葬式 紫苑(しおん)』 説明会

11年 3月 決して忘れないことが、私たちの支援

シオンの会

12年 3月
伊香保温泉1泊2日 平日ゆったり贅沢なバスツアーの集い お土産付き
参加費 お一人5,000円
岸権旅館  
個室又は二人部屋 夕食、朝食は広間
お料理 鮑又はステーキコース
女性の方は本染め浴衣貸出サービス
お土産 (お一人)湯の花まんじゅう12個入り1箱

11年 3月 決して忘れないことが、私たちの支援

シオンの会

12年 4月
4月8日 灌仏会

灌仏会(かんぶつえ)は、お釈迦様の誕生を祝う仏教行事です。日本では、御堂(みどう)を作って、その中に灌仏桶を置き、甘茶を満たします。誕生仏の像をその中央に安置し、柄杓で像に甘茶をかけて祝います。甘茶をかけるのは、釈迦の誕生時、産湯を使わせるために9つの竜が天から清浄の水を注いだとの伝説に由来する。宗派に関係なくどの寺院でも行います。甘茶は参拝者にもふるまわれ、甘茶で習字をすれば上達すると言われたり、害虫よけのまじないを作ったりもします。

天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)

お釈迦様が誕生したとき、清浄の水で清められたお釈迦様はすぐに立ち上がり、7歩進んで右手で天を指し、『天上天下唯我独尊』と言ったそうです。 

これは『この世に自分より尊いものはない。つまり人間一人ひとりが一つしかない命をいただいている尊い存在である。』ということを意味しています。
このときの立ち姿が後に誕生仏といわれるようになりました。

11年 3月 決して忘れないことが、私たちの支援

シオンの会

12年 4月
きみまろ漫談ライブ
チケット自費負担 ライブ終了後、木曽路にてお花見懐石の集い
参加費お一人1,000円

11年 3月 決して忘れないことが、私たちの支援
私も含めて、みなさん『今年、一番笑った!』

シオンの会

12年 4月
市民活動センター 『白樺の会』参加

11年 3月 決して忘れないことが、私たちの支援
石北師範様 中島会長様 大変お世話になりました。

なぜ、心に残るお葬式 紫苑(しおん)を立ち上げたのか!
生前の事前相談で
紫苑(しおん)の財産『お客様の声』